短編映画の撮影、無事にクランクアップしました

クライマックスのシーンではカメラマンのワガママでクレーンを使わせてもらいました。映画ロケではセッティングに時間がかかったり、予算やスペース的な制限があったりと使いどころが難しいですが立体的で奥行きを感じさせる映像が撮れるのでここぞってシーンで威力を発揮します。ちなみに写真の花柄の人は役者ではなく鬼演出家(笑)です。